PR
スポンサーリンク

遺伝子コードの効果一覧(随時更新)

遺伝子コード・呪文一覧
スポンサーリンク

特に自分に効いた遺伝子コードを記載していきます。

  1. 発作を抑えて冷静に対処できる
    1. ELNの還元
  2. 不安/恐怖をやわらげる
    1. SLC6A4の還元
    2. WASF1の還元
    3. CYP2D6の還元
  3. 頭をクリアにシャープにする
    1. SGCEの還元
    2. NBNの還元
    3. PF4の還元
    4. OPRM1の還元
    5. EHMT1の還元
  4. 体の辛さを和らげ、頭をクリアにして作業効率を上げる
    1. SQSTM1の還元
    2. GSTM1の還元
    3. SLITRK1の還元
  5. 人からの影響/人が頭に居座ってる/罪悪感/恨み/恥
    1. NBNの還元
    2. GABRA1の還元
    3. HOXA1の還元
    4. MAPK1の還元
    5. SHANK3の還元
    6. MECP2の還元
    7. PPARGの還元
    8. MST1の還元
    9. GABRG2の還元
  6. 罪悪感(怒られる!とビビってる時)
    1. SCN1Aの還元
    2. TP53の還元
    3. PYYの還元
    4. SLC6A4の還元
    5. COMTの還元
  7. 悲しみ
    1. TNFの還元
    2. BDNFの還元
    3. ANGPTL4の還元
  8. 自分に優しくなれる
    1. PIRの還元
    2. PANK2の還元
  9. 人に優しくなる
    1. GABRG2の還元
    2. ELNの還元
    3. NOS2の還元
  10. 面倒くさい/億劫/先延ばし/やる気になれない
    1. GFAPの還元
    2. GABRA2の還元
    3. BDNFの還元
    4. APC2の還元
    5. MAPTの還元
    6. SETD1の還元
    7. GHRLの還元
  11. だらだらしてしまう
    1. DRD2の還元
  12. 怒りが止まらない
    1. MAOAの還元
    2. MAOBの還元
    3. SCN9Aの還元
    4. NOS2の還元
    5. GSTM1の還元
  13. 嫉妬
    1. MAPK1の還元
    2. SETD1の還元
    3. SNRPNの還元
  14. 発作的な感情を抑える
    1. SLITRK1の還元
  15. 急激なストレス反応/パニック発作/うつ症状/動揺
    1. HTR2Aの還元
    2. ASS1の還元
    3. BDNFの還元
    4. SLC6A4の還元
  16. 心に余裕がない/パニックからくる頭痛(ダメ出し)/思考回路のオーバーヒート
    1. GAD2の還元
    2. TNFの還元
  17. ストレスで認知機能が低下(頭痛)/ショック/嫉妬/知能の高低差
    1. GABRG2の還元
    2. SETBP1の還元
    3. CACNA1Aの還元
    4. TP53の還元
    5. BDNFの還元
  18. 人と接するのが緊張する/人が怖い/怒られる!とビビっている
    1. TENT5Aの還元
    2. MAPTの還元
    3. COMTの還元
    4. OPAL1の還元
  19. 元気になる/体力・持久力をつける
    1. ASS1の還元
    2. BDNFの還元
  20. 冗談を言えるようになる
    1. C9orf72の還元
  21. ストレスからの空腹
    1. GABRG2の還元
  22. ストレスを引きずってやる気が出ない
    1. ELNの還元
  23. 体が怠くて動けない
    1. GSTM1の還元
    2. TENT5Aの還元
  24. 怒っている人が怖い/人に緊張する
    1. SCN1Aの還元
  25. 支配関係/薄汚れた気持ち
    1. PYYの還元
  26. 人から受けたショックでやる気がそがれた/フラッシュバック
    1. GNASの還元
    2. KING1の還元
  27. 文章の表現力をアップする
    1. EHMT1の還元
  28. 本が読めない
    1. CACNA1Aの還元
  29. 記憶力を上げる
    1. APOEの還元
  30. 食後の眠気
    1. INSの還元
    2. GNASの還元
    3. TXNの還元
    4. BGLAPの還元
    5. MRS2の還元
  31. お腹が空いて寝れない
    1. OXTの還元
  32. 朝、起きる
    1. GALNSの還元
    2. PYYの還元
  33. 夜にきちんと眠る/眠れない時
    1. PER2の還元
    2. CLOCKの還元
    3. SLC6A4の還元
    4. ANGPTL4の還元
    5. SLC6A9の還元
  34. 乗り物酔いや吐き気
    1. CACNA1Aの還元
    2. MAPK1の還元
    3. RAGEの還元
  35. 体の痛み
    1. C9orf72の還元
    2. SIRT1の還元
  36. 新たな視点が見えてくる
    1. CBSの還元
  37. アイデアが湧いてくる
    1. CENPJの還元
  38. お金を稼げる?引き寄せる?
    1. C9orf72の還元
  39. 「持ってる人」になる
    1. TRPC5の還元
  40. 頭痛をなくす
    1. TRPC4の還元
    2. MAOBの還元
    3. SCN9Aの還元
    4. ESR1の還元
    5. GABRA1の還元
    6. SSTの還元
  41. 頭に靄がかかった感じ(ブレインフォグ)
    1. SNRPNの還元
  42. 認知機能を元に戻す
    1. APOEの還元
  43. 昼間の突然の眠気や怠さ
    1. MMP9の還元
    2. ALBの還元
  44. 突然の腹痛/お腹を下している時
    1. ANGPTL4の還元
    2. CLOCKの還元
  45. 生理痛
    1. HTR2Aの還元
    2. ESR1の還元
  46. 浮腫み
    1. SQSTM1の還元
  47. 人にモテる?良い人が寄ってくるようになる
    1. NOS2の還元
    2. AVPの還元
  48. 逐語記録を取る能力を上げたい
    1. MAPK1の還元
  49. 恋煩い
    1. GABRG2の還元

発作を抑えて冷静に対処できる

ELNの還元

人格者になれる遺伝子コードとして紹介されていました。
その通りで、唱えていると発作にまみれた発言から大人で冷静な発言や対応ができるようになります。
頭がクリアでシャープになる感覚。
人から受けたストレスをずっと引きずってしまっている時に唱えると、背筋がシャキッとなる感じ。

不安/恐怖をやわらげる

SLC6A4の還元

眠れる遺伝子コードとしてよく紹介されています。
唱えていると、温泉のようにあったかいおだやかな気持ちになれます。
不安や恐怖でささくれている時に良いかも。
尖っていた気持ちが丸くなってくるかも。

WASF1の還元

ワスエフワン。

恐怖症関連の遺伝子コード。
自分の将来を考えて不安になったり、「お金がなくなるかも…」と恐怖を感じている時に唱えると不安や恐怖が消えました。
そして、腹が据わったような、地に足がどっしりとついているような感覚を得られたのです。

CYP2D6の還元

サイプツーディーシックス。

お金の不安で居ても立っても居られなくなった時に唱えていると、「あ!今すぐ稼ごうとするから苦しいんだ!今後を長い目で見て、今の仕事を続けているうちに数年後莫大に稼げてたら良いな~」という心の余裕が出てきた遺伝子コード。

緊張しちゃう人たち』では、「万能感」の話で紹介されていました。
適当に目がついたから唱えていたのですが、まさしく「お金がない!」という貧困妄想に効果的なのかもしれません。

頭をクリアにシャープにする

SGCEの還元

エスジーシーイー。

細かいことが気になる~!という時に唱えると良いと解説されていました。
難しいことをごちゃごちゃ考えて気が滅入ってしまっている時に唱えると、頭がクリアになって淡々と「余計だ」と思っていた仕事をこなせるようになるかも。

NBNの還元

エヌビーエヌ。

自分では自覚していなかったけど、何か物事をやる時や読書の時に集中できないと思っていたら、この遺伝子コードを唱えると頭の中が静かになるので「あ!人が頭に居座っていたんだ!」と人のことばかり考えていた自分に気づきます。
唱えていると頭の中が静かになるので物事に集中できるし、頭の中がクリアになって詰まりが取れた感じがします。

大嶋先生のブログでは「頭脳明晰になれる遺伝子コード」として紹介されていました。

PF4の還元

ピーエフフォー。

脳の回復の遺伝子コードとして紹介されていました。
すごく疲れていて眠気や頭痛に襲われている時に唱えると、頭痛が治り、少し頭がクリアになり疲れが取れてきました。
脳の血流が悪くなっていたから、疲れや眠気、頭痛を感じていたのかもしれません。
ちなみに、後日遺伝子コードや呪文を唱えずに「疲れたなあ、眠い」と思った時に体を思いっきり動かすと、疲れと眠気がなくなったので、長時間同じ姿勢でいる時の疲れは血流からきていたのかもしれません。

OPRM1の還元

オパームワン。

私は実は最初はこれを唱えたら「うう…気持ち悪い…」となってました。
無意識の旅』で大嶋先生に質問させていただいたのですが、オピオイドと何かバランスを取っているから還元しない方が良いのかも?ということでした。

当時はハードワークで鬱かパニックになっていた職場から独立して半年経った頃でした。
あれから2年経ってから、食後に「うう…気持ち悪い…」となった時に『血糖値の調和』を唱えていました。
そしたら強烈な吐き気と眠気は治まったけど、まだ少し認知機能が低下している気がする。
そこで今度は『ANGPTL4の還元』を唱えてみました。
すると「お!認知機能が戻ってきたかも!」という感覚があり、その時にふと「OPRM1はどうだろう?」と思って唱えるとまさにビンゴ!
「開眼した!」という感じで目が開き、逆にそれまで「え…瞼開いてなかったんや…」と気づきます。
そして、頭にかかっていた靄もすべてなくなり、「完全体になった!」という感じで思考回路がシャープでクリアに戻りました。

時を経て、依存からようやく解放されたんだなあと。
もう私には脳内麻薬が必要なくなったようです。
(ちなみにこの後さらにBDNFの還元を唱えたら、体力が戻って元気になりました!)

EHMT1の還元

イーエイチエムティーワン。
大嶋先生のブログでは『洞察力は目に見えない部分を見抜く力です』と『「愛情」はわからない!と思っていました。でもケチっていただけ』で紹介されていた遺伝子コードです。

唱えていると、頭がクリアにシャープになる感覚があって、「人に気を遣わずに言いたいことを言える!」となれている。
今までは誰かにメールを送った後に「怒られたらどうしよう…」と恐怖で居ても立ってもうられなかったのですが、ごく普通に言いたいことをメールして淡々と待っている自分がいました。
すると、丁寧なメールが来て「なんだ、こんな簡単なことだったんだ!」と気づきます。

人よりも下手に出てしまう癖がなくなった気がします。
それは、人の表面ではなく人の内面を見れるようになったから、過剰に人の下に出なくなって堂々とできるようになったのかも。
人に惑わされなくなったら、頭の回転もスムーズになるんだなあと思いました。
そして、表現することが「恥ずかしい!」と思わなくなるから、言いたいことをストレートに簡潔に伝えられてストレスが溜まらないのかも。

体の辛さを和らげ、頭をクリアにして作業効率を上げる

SQSTM1の還元

エスキューエスティーエムワン。

体に合わない甘い物や脂っこいものを大量に摂取して「気持ち悪~!」と体調が悪くなった時に唱えると、効きました。
頭痛や浮腫み、疲れ過ぎの時や寝起きの怠さにも効果がありました。

もしかしたら、体に合わない物を食べてしまうのは、人からの嫉妬の影響かも…そんな時に効果があるのかもしれません。
唱えて動けるようになったら、体が怠いのは嫉妬されていた可能性がありますね。

唱えた後は体が軽くなりサクサク動けると同時に頭もクリアになるので、読書や仕事が捗ります。

GSTM1の還元

ジーエスティーエムワン。

突然の締め付けられるような頭痛がした時に唱えたら、きれいに頭痛がなくなりました。
そして、その後はいつもはできなかったやるべきことを次々とハイペースでこなせました。
唱えることで、やることリストに溜まっていたものを一気に短時間で終わらせることが出来たのです。

しつこい怒りにも効きます。

体の中に溜まっている「毒素」に効果がある遺伝子コードなので、唱えて消えた怒りや頭痛はもしかしたら毒素であり、体を怠く動けなくしていたのかもい。

唱えていると頭の回転がかなり早くなり、頭がすっきりクリアになります。
不安なことや不快なことなど、余計な感情や記憶に振り回されなくなります。

SLITRK1の還元

スリットアールケーワン。

唱えていると頭がクリアになり動けるようになるのですが、この遺伝子コードが効くということは「嘘の発作」を起こしていたから動けなかったのかもしれません。
チック症の遺伝子コードなのですが、私は昔チックだったからかよく効きます。

嫌なことがチクチク湧いてきて、フラッシュバックのように頭に浮かんでくる時に効果的です。
脳内に電気が帯電し過ぎているのかもしれません。
脳梁の働きをよくしたり、しがらみを外すことにも効果があるのかも。

人からの影響/人が頭に居座ってる/罪悪感/恨み/恥

NBNの還元

エヌビーエヌ。

唱えていると、頭の中が本当に静かになって「お!頭の中にいた人がいなくなった!」と感じられます。
地味にすごく効く遺伝子コード。
ぐちゃぐちゃあれこれ考えていたのが、しーんと静かになります。

GABRA1の還元

ギャブラワン。
GABRA2と間違えて唱えていた時、「なんだか気力が出てくるなあ~」と思っていたのは、人からの攻撃で発作を起こしていたのがなくなっていったからかもしれません。
人から「〇〇って言われたら嫌だな…」とか言葉に敏感になってしまって、細かく考えてしまっている時なんかに唱えると、ちょっと気持ちがおおらかになるのかもしれません。
大嶋先生のブログでは、「信頼関係」の遺伝子コードとして紹介されていました。

HOXA1の還元

ホクサワン。
人の気持ちが気になってソワソワしている時に唱えると良いかも。
ミラーニューロンが活性化し過ぎて、人と繋がり過ぎてしまったり、人の気持ちが分かり過ぎてしまったりして頭がごちゃごちゃなっている時にオススメ。

MAPK1の還元

マップケーワン。
共依存の遺伝子コード。
誰かと一体化していて、相手の気持ちが流れ込んできて苦しい時に唱えると、適切な心の距離を取れるようになります。
「相手の気持ちになり過ぎている!」という時に唱えると、冷静さや心の凪を取り戻せるかも。

SHANK3の還元

シャンクスリー。
色々な効果があるのですが、私は主に「人に影響されて気分が落ち込む時」に唱えています。
人の気持ちが気になってしまったりした時なんかも良いかも。
感覚過敏系に効くかも。

MECP2の還元

エムイーシーピーツーの還元。

仕事をしている最中に次々と頭の中に人が浮かんできて嫌なことを思い出している時に唱えると、胸の潰れそうな痛みがスッと消えました。
大嶋先生のブログでは、「人の言葉を真に受けてしまうと、歯ぎしりが出る!」という記事などで紹介されている遺伝子コードです。
消えない恨みに足を引っ張られている時、「イ~!」としちゃってる人に効くかもしれません。

他には、自臭症とか「上から目線で言われると頭が働かない」「人の話を疑わないから真に受ける」遺伝子コードとして紹介されています。
私には全部当てはまります(笑)

ちなみに、MECP2重複症候群の症状の中消化器症状があったのですが、実は私が「嫌なことや人が浮かんできて苦しい!」となっている時、暴飲暴食をしてお腹を壊して何度もトイレに籠っていました。
関係あるのか分かりませんが…。

罪悪感的な思い出なんかにも良いかもしれません。

PPARGの還元

パパーグ。

MECP2と同じような効果かと思われます。
大嶋先生のブログでも、恨み節の遺伝子コードとして紹介されています。
「食べすぎちゃって太っちゃう!」という人にも効くみたいなので、私の中ではやはりMECP2と同じ位置づけであります。
食べ過ぎてお腹を壊している時に効いたので…。

新陳代謝の遺伝子コードでもあり、家系に糖尿病の方がいる人にも効果的だとか。
(私は父方が糖尿病家系です)

MST1の還元

エムエスティーワン。

MECP2とPPARGと同じく「恨み」で紹介されていた遺伝子コード。
「あいつ私のことバカにしてるだろ!」と相手の態度に怒りを覚えて頭から離れない時、そしてだんだん体調が悪くなっていってる…という時に唱えると落ち着いて元気に戻ります。
恨みとか怒りって、本当に体に悪いんだな~と思います。

大嶋先生のブログでは、「恥ずかしさのフラッシュバックで恨みが出てくる」と説明されています。
恥と罪悪感か…と納得して、発作が凪になります。」

GABRG2の還元

ギャバーグツー。

人のことを考えられるのが止められず、思考中毒のようになっている時に唱えると、発作が治まります。
唱えていて思考が凪になってくるようであれば、ドーパミンが乱高下していたのかも。
相手や自分に対する期待値が高くなっていたから、乱高下が治まらなかったのかもしれません。

罪悪感(怒られる!とビビってる時)

SCN1Aの還元

エスシーエヌワンエー。
「蛇に睨まれた蛙」の遺伝子コード。

怒ってくる人やイライラしてる人を目の前にしたり、脳内でイメージした時に頭が真っ白になってしまって硬直して動けなくなってしまっている時。
「また怒られる…」「あの人、怖い…」と思っている時に唱えると、相手が怒っていようと堂々と冷静に話せる自分になっていきます。
むしろ、唱え続けているといつも怒っていた人が怒ってこなくなるかも?

TP53の還元

ティーピーごじゅうさん。
罪悪感の遺伝子コードです。

「こんなことをしてしまって申し訳ない…」「絶対怒られる…」と人の気持ちを想像して、自分勝手な自分を責めて苦しくなってしまっている時に唱えると「あれ?なんだか体が軽くなった気がするかも?」となります。
それまで申し訳ない気持ちでいっぱいで、罪悪感から動けなくなってしまっていたことにすら気づかなかったのに、唱えると頭や体が軽くなって過度に「申し訳ない…」と自分を責めなくなります。
そうすると、冷静に現状や自分がやるべきことを淡々とできるようになっていく。
人の気持ちを勝手に想像して自分を責めて動けなくなっている時に唱えると良いかも。

PYYの還元

しがらみカッターの遺伝子コード。

「申し訳ない…」「怒られるだろうな…」という気持ちは、もしかしたらしがらみから抜けて自由になろうとしている自分がいるからかもしれません。
唱えているとだんだん罪悪感が軽くなって、頭も軽くなり目も開いていきます。
「自分を責めても責めなくても一緒なんだ!」と気づきます。
それまでの人間関係を裏切る形になるかも…と自分を責めて苦しくなって、「人が怖い!」としがらみにしがみついてしまっている時に唱えると良いかも。
体内の炎症が消えていく感じがします。

SLC6A4の還元

最近の研究で、罪悪感は本来は偏桃体の活動を鎮めるものだと発見されましたね。
では、なぜ罪悪感を感じている時に、グルグル思考が止まらなかったり、頭痛がしたり、体が動かなくなったりして、感情のコントロールが出来なくなってしまうのか?
それは実は、恐怖や怒りや不安を罪悪感だと思い込んでいるからかもしれません。

Gene Cardsにて、「偏桃体」「怒り」「偏桃体と怒り」とそれぞれ検索した場合、この遺伝子コードはいずれも第一選択肢として出てきます。
そして、唱えてみると、先ほどまで強烈にあった罪悪感のような薄汚れた気持ちや自分へのダメ出しがスー…ッと消えていって、フラットな気持ちに戻れます。

たとえば頭の中では「やらかしてしまったことを反省しないと…」とどんよりした気持ちで楽しいことを楽しいと思えない時、この遺伝子コードを唱えてみると、ネガティブな感情にとらわれなくなります。

罪悪感(じゃないかもしれませんが)には最強の遺伝子コードだと個人的に思っています。

COMTの還元

完璧主義の遺伝子コードです。

SLC6A4と同じく、Gene Cardsにて偏桃体や怒りと検索してみると、上位の選択肢として出てきます。
ミスを犯してしまって憂鬱な気持ちや罪悪感、落ち込みの気持ちに効きました。

ちなみに「恥」にも関係している遺伝子コードなので、「失敗してしまって恥をかかされるかも…」といった恐怖にも効きました。

悲しみ

TNFの還元

ティーエヌエフ。

Gene Cardsで調べると、いたるところで上位に上がってきているなあ~!と思う遺伝子コードです。
血糖値や炎症、心の傷に関連した遺伝子コードです。

「愛されなくて、悲しい…」と感じている時に唱えると、だんだん心があたたかく凪になっていく感覚があります。
下のBDNFもそうですが、ギアを入れたような変化ではなく、徐々に透明になって本来の自分の感覚を取り戻せるような遺伝子コードです。

BDNFの還元

ビーティ―エヌエフ。

運動すると増えると言われている脳由来神経栄養因子で、BDNFが増えることによって記憶力や認知能力が上がります。
(なので、読書をしたり脳を鍛えるなら「運動が良いよ!」と言われています)

人の過去の言動を思い出して取り憑かれたようになって、「どうせ私なんか…」と考えてネガティブな気持ちになっている時に唱えて効くなら、「人を信用できない!」というスイッチがオンになってしまっていたのかも。
唱えていると、安らいだ気持ちになってきて、グルグル考えていたことが自然と消えていきます。

また、唱えていると、冷えていた足先が少しずつポカポカしてきたりも。

罪悪感や学習性無力にも関係する遺伝子コードで、人の言動をネガティブに取ってしまうのはもしかしたら嫉妬を受けて無気力な自分にされているのかもしれません。
唱えて孤独の殻から出てちゃいましょう!

ANGPTL4の還元

悲しい時というか、その根底にある「孤独感」に効くのだと思います。
誰かと通じ合えない時の発作や、見捨てられ不安が止まらない時に。
唱えていると、寂しさや苦しみが消えて、「本当は何も感じていない」を取り戻せます。

自分に優しくなれる

PIRの還元

ピーアイアール。

人のことを考えて動けなくなっている時は、もしかしたら「自分との距離」が遠くなっているからかもしれない。
人のことをグルグル考えて「お風呂に入るの面倒くさいな~」となってしまって、どんどん内面も外面も醜く汚れていってしまう。
そんな時に唱えると、自分を労わる優しい気持ちになれて、「今」自分にとっての適切な行動を取れるようになりました。

PANK2の還元

パンクツー。

「あいつマジムカつく!」となって怒りで自分が本当にしたいことが出来なくなっている時、それはもしかしたら怒りではなく「恥」なのかもしれません。
それは「恥をかかされた!」とその場面を思い出して発作が起こっているかもしれないし、相手の反応を見て「なんてダメ人間なんだ…」と罪悪感を感じているかもしれない。
共感性羞恥だったり、相手の中に自分の深淵を見ている可能性もありそうですね。

人に優しくなる

GABRG2の還元

人に好意を示してもらったり、親切にしてもらった時にイラッ!とせずに優しく返答できるようになります。
優しさで近づいてきてくれた人を突っぱねなくなります。
プレゼントをもらうとか、助けてもらうのが苦手な人には効果的かも。
人との一体感が無理で親密になった人に意地悪しちゃう人や、仲良くなればなるほど緘黙になってしまう人に効果があるかもしれません。
発作に効きます。

ELNの還元

怒りや不安に取り憑かれて破壊的な人格になりそうな時に唱えると、自分が思う「人」としての適切な対応が出来るようになります。
やってはいけないことをやらなくなったり、言ってはいけない余計なことを言わなくなります。
唱えていると人に対する怒りが収まり、「あの人にも事情がある」と大人な思考と態度を取り戻せます。

NOS2の還元

ノスツー。
大嶋先生のブログでは、「あの人ずるい!」と思った時に唱えると良い遺伝子コードとして紹介されていました。

私は上記のGABRG2もそうなのですが、人に優しくされたり好意を示されるとイラッとしてしまうヤバイやつでした。
(優しくされると発作を起こします。実際、幼少期はてんかんの疑いがあって長年病院で脳波の検査と飲み薬を飲んでいました)

人に嫌なことを言われたわけではなく、むしろ自分にとってプラスになることを言われているのにイラッ!として人と距離を開けたくなる時。
人の優しさや好意を自分の苛立ちで跳ね除けてしまいそうな時。
そんな時に唱えると、自分の優しい心を取り戻せます。

自分的にはGABRG2のような効果があると感じていますが、NOS2は唱えていると確かに人気運が上がって自分の気持ちも明るくなり、人に対しても前向きな気持ちを持って接することができるようになります。
GABRG2は発作を抑えて人との距離を「普通」に保ち、淡々とした自分を取り戻すイメージです。

面倒くさい/億劫/先延ばし/やる気になれない

GFAPの還元

ジーファップ。

深夜に唱えるとやる気が出過ぎて寝れなくなるので注意。
それぐらい、ガソリン満タン!とか暴走列車!という感じで、バリバリ仕事をこなせる遺伝子コードです。
重い荷物も楽々持てたりするようになるので、筋肉にもやる気にもパワーが漲るのかもしれません。

GABRA2の還元

ギャブラツー。

面倒くさいなあ…と思ってなかなか動けない時に唱えると、効果抜群!
GFAPほど「お!エネルギーが満ち溢れている!」というテンションが上がるわけではありませんが、エネルギーは出てくる感じ。

BDNFの還元

運動すると増えると言われているBDNF。
なので、唱えるのが面倒くさい人は、ウォーキングをしてみても少し増えるかもしれません。
無気力で動けない…となっている時に唱えていると、いつの間にか動けている自分がいます。
「気合を入れて始める!」というGFAPとは違って、「あれ?なんか知らんけど、取り組んでるやん」と自然と体が動く感じ。
体が冷えている時にも効くかも?

APC2の還元

エーピーシーツー。

「胆力」の遺伝子コードとして紹介されていました。
(緊張しちゃう人たち『気力や度胸も若返り!』より)

唱えていると腹が据わってどっしりしてくる感じあります。
体幹が整うというか。

頭では「やらなきゃ…」と分かっていても、どうしてもやる気になれないのは人の反応が怖いから。
「人なんか気にしなきゃ良い!」っていうのも分かるけど、やっぱり人に傷つけられるようなことを言われるのが怖くて億劫になってしまっている…。

そんな時に唱えると、自分の中心軸が整って腹の底から自信が湧いてきて動じない自分でいられるようになるかも。

MAPTの還元

お馴染みダメ出しの遺伝子コード、マップティー。

私は実は今まであまり効果を感じたことがなかったのですが、どうしてもやらなきゃいけなことがあるのにどうしても取り掛かる気にならなかった時に心に聞いて「MAPT!」と教えてもらいました。

自分の中で何か大きな変化を感じたわけではないですが、数か月着手できなかったことを「あ!気づいたら自然に体が動いてちゃんとやっている!」という自動運転状態に。
そして、イメージの中ではその作業を苦しみながらやっている姿があってずっと取り掛かれなかったはずなのに、いざやってみると楽しい!

知らず知らずのうちに、自分に自分で「そんなんじゃダメ!」と自分にダメ出しばかりして、どんどんやる気を自分で削いでいたのかもしれませんね。

SETD1の還元

セットディーワン。
人格者の遺伝子コードとして紹介されていました。
(緊張しちゃう人たち『人格者とは堅苦しいものだと思っていました』より)

「あ~あれやらなきゃなあ~」「でも面倒くさいなあ~」みたいな感じで、サボりたい病が出てきた時に唱えると、「ま、いっちょやるか~」と自然とイスから立ち上がっているイメージ。
唱えてこれが効くということは外の世界を過剰に極端に評価している自分がいるのかも。
「外の世界が怖い!(自分はダメ人間)」と「外の世界は醜い!(自分は優れている)」の間でギッタンバッコンしていて、頭の中でグルグルしているから動けなくなってしまっているのかもしれません。

GHRLの還元

ジーエイチアールエル。
大嶋先生の『緊張しちゃう人たち』では「食欲と運動って関係があります」に解説されています。

食後に働こうと思っていたけれど、食べたらやっぱり動きたくない…だらだらしたい…と動けなくなっている時に唱えると、自然と立ってやるべきことをテキパキこなしている自分がいました。
唱えることでグレリンの量を調節してくれたのかもしれません。
(グレリンは食後に現象するから、食べた後に動けなくなるそうです)

運動って、やった方が良いと頭では分かっているのですが、気を抜くとすぐに動かなくなってしまいます。
でも、それって食べなさ過ぎでもあったんですよね。
食べてなくて栄養が体に行き渡ってなかったから、ちょっと動いただけですぐぜーぜー息切れしてしまう。
(私のBMIは37年間17以下で、それより太ると「太ってる!」と思ってしまうのは、今思えば身体醜形障害の影響でもあったのかもしれませんね)

だらだらしてしまう

DRD2の還元

ディーアールディーツー。
DRD系はドーパミンです。
依存症的な症状に効果てきめんです。
恥をかいてしまう場面を妄想してしまう時なんかも良いですね。
完璧主義にも効くそうです。

スマホをだらだら見てしまう、カフェイン中毒みたいになってしまって歯止めがきかない、などOPRM1とちょっと似ている感じですが、唱えているとスッとスマホを手放してやるべきことに動けている自分がいます。
「頭では分かっているけど、止められない」症状に効く感じです。
なんか怠いなあ~動きたくないなあ~みたいな時に唱えると、自然と立ち上がっているかもしれません。

怒りが止まらない

MAOAの還元

マオエー。
戦士の遺伝子コード。
マウントに敏感に反応してしまったり、縄張りを荒らされてイラッ!としてしまったり、怒りにとりつかれて攻撃的な考えで頭の中を占められている時。
唱えていると、やがて怒りが収まり脳内が静かになります。
人と戦ってしまう自分がいる時に効くかも。

MAOBの還元

マオビー。
人への怒りが消えず、怒りで頭痛がしている時に唱えると、怒りも頭痛もすぐに消えます。
体も軽くなります。

SCN9Aの還元

天邪鬼、強迫性パーソナリティ障害の症状に効く遺伝子コード。
劣等感で卑屈になっている時にも。
脳を変えちゃおう!ということで唱えると、脳の血流が良くなるかも?
上記と同じく、唱えてすぐに消えなかった怒りやそこからくる頭痛が消え、体も軽くなります。

NOS2の還元

ノスツー。
※すみません!ノスワンと表記してましたが、ノスツーでした!

人に対して「ずるいな~!」と思ってイライラしてしまう時に効きます。
「本当は優しい自分でいたいのに…」と思っているのに、人に対しての怒りが止まらなかった自分が唱えると、本当に唱えていただけなのに自然と心の底から優しく振る舞えるようになりました。
心のトゲトゲを取ってくれて、丸くなれる遺伝子コードだと思っています。

GSTM1の還元

ジーエスティーエムワン。
解毒の遺伝子コードです。めっちゃ重宝してます。

人への怒りが止まらなくて、グルグル相手のことを考えてしまって動けなくなっている時に。
相手が自分のパーソナルスペースに侵入してきて「距離が近い!やめて!」と思うような気持ちに効きました。
唱えているとさっきまで動けなかったのに、迷いなくサクサク動けるようになります。
人の怒りや不安を切り離したら、自信を持って行動できるようになるんですね。
どれだけ人のものを背負って潰れてたんや~!と気づきます。

嫉妬

MAPK1の還元

共依存と発作の遺伝子コード。
唱えていると尊敬のスイッチをオンに出来るからか、嫉妬の感情がスッと消えていく。
自分の低い自己評価は、実は他人のものなのかも?

SETD1の還元

セットディーワン。

人格者の遺伝子コードで紹介されていました。

「外の世界は醜い(自分の方が優れている)」と「外の世界は恐ろしい(外の世界が優れている)」の間を行ったり来たりしてしまうから恐怖が膨らんでしまう。(『人から一目置かれるってすごいことです!』より)

唱えていると両極端に行かずに「真ん中」「普通」でいられるから、嫉妬の感情が治まってくるのかも。

SNRPNの還元

スナ―ピン。

ある人のことを考えて強烈な嫉妬の感情が湧いてきたり、不安感や怒りで居ても立ってもいられない時に唱えると、そのネガティブな感情が消えてなくなりました。
電気ショックで学習性無力症になっていたのかも。

大嶋先生のブログでは、仕事から帰ってくると余計なものをバクバク食べるのが止まらないのは嫉妬の影響で食欲がコントロールできなくなっているからと解説されていました。
この時は「お腹が空いた!」とはならなかったのですが、私はストレスを感じたり夜中に空腹を感じることが多いので、この日それがなかったということは効いていたのかもしれません。

発作的な感情を抑える

SLITRK1の還元

「何に効くか?」と言われたら明確に答えられないのですが、「あ、自分は今発作を起こしてるのかも?」という時に唱えると効果があります。
嫉妬や怒りなど、自分では止められない感覚がある時に唱えると良いかも。
私は特に、チックやADHD、自閉症の遺伝子コードが効くので、この遺伝子コードは万能だと思っています。

急激なストレス反応/パニック発作/うつ症状/動揺

HTR2Aの還元

恥や生理痛に効く遺伝子コードですが、パニック発作のような息苦しさやつぶれそうな胸の痛みにも効果があるかもしれません。
Gene Cardsでは「鬱」で検索をかけると、現在第3選択肢で出てきています。

ASS1の還元

アスワン。

大嶋先生のブログでは「動揺しない」で紹介されていました。
動揺すると体の症状にすぐ出てしまう人に効くかもしれません。

私の場合、人から受けたストレスがなかなか消えず、ずっと脳内に人が居座り続けていて人のことを考えるのが止まらず、動悸や吐き気がする時に唱えると、スーッと消えていきました。
パニックのような症状、「人から嫌われているかも…」という不安感などがなくなり、大嶋先生のブログに書いてある通り「強気!」となれちゃうかも。

BDNFの還元

Gene Cardsで「鬱」と調べると「BDNF-AS」が第一選択肢で出てきます。
しかし、ASとわざわざつけて唱えるのがちょっと面倒くさくて、BDNF自体も第5選択肢にあったので唱えてみると、憂鬱な気分が不思議となくなります。
BDNFは運動で増やせる遺伝子コードで、運動すると脳の機能が向上して鬱にもなりにくくなります。
そういえば最近、また運動サボってしまっているしなあと思いだします。
また、学習性無力や罪悪感の遺伝子コードでもあるので、自分では変えられないどうしようもない現状だと脳が勝手に認識してしまっていて、すべてにやる気をなくして生きる気力まで奪われていたのかもしれません。
唱えていると体力が出てくるので、心も体も元気がない時に唱えると、なんだかやる気がふつふつと少しずつ回復してきます。

SLC6A4の還元

感覚過敏の遺伝子コードで、眠れない時や不安な時に唱えると安心感が胸の中に広がっていく遺伝子コードですが(あくまで私の主観です)、Gene Cardsで「鬱」と調べると第2選択肢で出てきます。
人のことをグルグル考えてしまって「あの人に嫌われていたらどうしよう…」と不安になってしまっている時、ネガティブ思考が止まらなくて何もやる気が出ない時に唱えると、憂鬱な気分がやんわりと晴れて、少しずつ自分の心地良いを思い出せるかもしれません。

心に余裕がない/パニックからくる頭痛(ダメ出し)/思考回路のオーバーヒート

GAD2の還元

ギャドツー。

昼間になって急にものすごい焦燥感と頭痛が襲ってきます。
このままではお金がなくなって生活していけない…私の対応が悪かったから、みんなから見放されたのかも…時間はたっぷりあったのにやるべきことを一切できていない…といろんな不幸が頭の中を駆け巡り「なんとかしなきゃ!」と焦るけれど、思考が落ち着かず散漫になって何をやっても落ち着かない。
頭痛もひどいので「最近コーヒーの飲みすぎかな?」とか「昨日、寝るのが遅かったから睡眠不足の頭痛かな…」というのもありました。

なんとなく目に留まったこの遺伝子コードを唱えると、頭痛が軽くなり、胸のざわつきや焦燥感も治まりました。

大嶋先生のブログでは、血糖値の乱高下で昼間の眠気を感じる時やちょっとしたことでパニックになってしまう人(私や)、人前で恥をかくことを想像すると外に出られなくなってしまう人に効果がある遺伝子コードだそうです。
たしかに唱えていると心に余裕が出てくるのは、おおらかさや思考の柔軟性を取り戻せたからかもしれません。

TNFの還元

心の傷の遺伝子コード。

「ヤバイヤバイ!」と焦って心に余裕がなくなって居ても立ってもいられない。
さらに頭痛がして認知機能が下がってしまって、物事を判断する能力や記憶力、思考のシフトチェンジが出来なくなってしまいっている。
そんな時に唱えると、「あ!頭が軽くなって頭痛が消えた!」となるから驚き。

GAD2よりも、唱えているとあたたかいものが胸の内に広がってくる感覚があります。
さらに唱えていると、酷い頭痛でよく見えなかった視界がクリアになっていきます。
本来の自分の感覚に戻っていき、脳内の落ち着きさと取り戻せます。

ストレスで認知機能が低下(頭痛)/ショック/嫉妬/知能の高低差

GABRG2の還元

完全にその人が悪というわけではないですが、人から何か言われたりされた時にガーン!とショックを感じて認知機能が一気に下がる。
頭痛がして「頭が回らない!」となっている時に心に聞くと、「GABRG2を唱えて!」と言われました。
唱えていると、確かにいつもならどんどんひどい頭痛になって全く動けなくなるのに、頭痛がやわらぎ動けるようになりました。

人の言動でショックを受けて固まってしまってグルグルしている時は、もしかしたら嫉妬されているのかもしれませんね。
嫉妬をエネルギーに変えて、美しくなれる遺伝子コードです。
いつもストレスを感じた時に急激に空腹になって「何か食べたい!」と居ても立っても居られなくなるのですが、不思議と空腹感を感じることはなかったからすごい。

ちなみにガーン!となることをしてくる相手は、「知能の高低差がある」と心が言っていました。

SETBP1の還元

セットビーピーワン。
こちらもガーン!となっている時に心に聞いたら「唱えて!」と言われた遺伝子コード。

いつもならガンガン締め付ける頭痛がするし、体も視線も固まってしまって動けなくなるのですが、唱えていると少しずつ頭痛がマシになり、悲観的な気持ちが抑えられている感じがします。

大嶋先生のブログでは『環境が私に適応してくれる便利な遺伝子』として紹介されていました。
私は平均より知能指数が高いのですが、それで結構今までボッコボコにやられてきました。
なので、トラブルがあった時は相手に合わせて遜る癖があったのですが、それだとまたガーン!とショックを感じるような言動を相手にされてしまうのです。

唱えていると周りの知能に影響をされない遺伝子コードということなので、私の境界性知能が発動して、炎症で知能が下がって相手に合わせないようにしてくれるのかもしれません。
つまり、頭痛が起きて認知機能が下がっているのは、相手の知能に合わせるために自動的に低下してしまっているのかもしれませんね…。

CACNA1Aの還元

カクナワンエー。

Gene Cardsで「頭痛」を検索すると第一選択肢に出てきました。
半信半疑で唱えると、頭痛がやわらぎました。

その後、大嶋先生の【緊張しちゃう人たち】でこの遺伝子コードを調べてみると、頭痛にちゃんと効く遺伝子コードだと紹介されていました。

これを唱えた時の私は、「過去の私の言動であの人を傷つけたから、関係を断たれてしまったのかも…」とある人間関係でガーン!とショックを受けていました。
頭痛がして認知機能が下がり、仕事をしなければいけないのに頭も体も働かない…。
でもセルフFAPでトラウマを取るのも面倒くさいし…と思っている時に、ダメ元でGene Cardsで検索して唱えてみると、頭痛がやわらぎ認知機能が回復していったのです。

この遺伝子コードは、算数障害に効果があります。
なので、唱えて効くということは、人間関係で適切な距離を取れずに自己免疫が暴走していたから頭痛がしていたのかもしれません。

TP53の還元

ティーピーごじゅうさん。
罪悪感の遺伝子コードです。
こちらはGene Cardsで「認知機能の低下」と検索したら、第2選択肢に出てきました。

ある人間関係でショックを受けて動けなくなってしまって、さらに頭痛もして判断能力が低下している…という時に「いや~罪悪感が原因だなんて普通でしょ!」と思いながら唱えてみたら、ビンゴでした。
というか、「認知機能の低下」の第2選択肢が罪悪感の遺伝子コードということは、罪悪感で判断能力が落ちたり炎症が起こるのはよくあることなんだ、ということも思いました。

「いやいや、罪悪感なんて簡単過ぎでしょ!」と半信半疑で唱えてみましたが、目がしょぼしょぼして額が痛かった症状が改善して、「おお!ちゃんと目を開けることができる!」となっていたので、罪悪感の影響は凄まじいことが分かりました。

BDNFの還元

ビーディーエヌエフ。
上記のTP53と同じくGene Cardsで「認知機能の低下」を検索すると出てきました。

「これも罪悪感系なんだよなあ」と思いながら唱えてみると、頭痛がきれいに消えて、認知機能が元のクリアな状態に戻りました。
ある人に「嫌われてしまったかも…」と落ち込んで、すべての物事に対してのやる気がなくなって動けなくなっていた時に唱えたのですが、唱えてすぐに「あれ?さっきまでの不調が一切消えた!」となり、その後何事もなかったようにバリバリと働けました。

遺伝子コードを唱えるだけで、こんなに一瞬で身体症状が改善するなんて、本当に驚きです。

人と接するのが緊張する/人が怖い/怒られる!とビビっている

TENT5Aの還元

テントファイブエー。

大勢の人とやり取りする状況が続くと、緊張がなかなか取れずにどんどん「人が怖い!」という感覚が強くなっていきます。
そんな時に唱えてみると落ち着くのなら、孤独の発作と算数障害が発動してしまっていたのかも。
無自覚に人と自分を比べて惨めになってしまっていて、「神からもみんなからも見捨てられる!」と思っていたから緊張が拭えず吐き気がしていたのでしょう。

MAPTの還元

ダメ出しの遺伝子コードです。
「緊張する!」でこれが効くということは、緊張しているのは「人にダメ出しをされる!」というのを恐れているのかもしれません。
実際されるかどうか分からない人からのダメ出しに過剰に防衛反応を起こしているから、心拍数が上がって「うう!苦しい!」となっていたようです。
唱えていると、「ダメ出しが怖くなくなった?」となって、フラットに人と話せるようになりました。
ちなみに私はとある研修を受けるのに緊張していて、その時に唱えると必要以上に感じていた怖さがなくなりました。

COMTの還元

完璧主義と恥の遺伝子コードです。
MAPTと同じく、これから受ける研修に緊張していた時に唱えると、緊張がやわらぎました。
「完璧に答えないと!」と思い過ぎていて、過度に緊張していたようです。
また、完璧な回答ができないと恥だ!という感覚も強かったと思います。
間違うことが恥ずかしいというか…。
でも、最初から完璧にやれちゃうなら、先輩たちよりも出来ちゃうということになってしまうので、「新人だから出来なくても当たり前やん」と思い出したのです。
細かいことが気になってしまう時も、もしかしたら唱えると良いかもしれません。

OPAL1の還元

オパールワン。

「怒られたら嫌だな…」と少しそわそわした気持ちの時に、自作の遺伝子コード一覧表でパッと目に留まったこの遺伝子コード。
「オパールワンってなんやったっけ?」と思いながら唱えていると、スーッと怒られる恐怖が消えていきました。
自分ではてっきり「ちゃんと物事を遂行できなくて、こんな自分は仕事ができないダメ人間だ!」と自分を責めているのだと思っていたのですが、この遺伝子コードは“人前で恥をかく”ことに関連したものだそうです。
そうか、私は怒られるのが怖いのではなく、怒られるようなことをした自分が恥ずかしくて緊張していたのか…と気づくのです。

元気になる/体力・持久力をつける

ASS1の還元

大嶋先生のブログでは、『動揺しなくなると自由になる』遺伝子コードの1つとして紹介されていました。

特に何かあったわけじゃないけど適当に唱えてみるか~と唱えていると、なんだか元気になります。
私は少しの人からの影響やちょっとしたことですぐに動揺して、その物事に囚われて体調も急激に悪化します。
自分では「大丈夫!」と思っていても、やはり生きている間は何かに影響されるもの。
何もない時に唱えていたらその後ちょっとガーン!となることがあって、いつもなら引きずってグルグル怒りや恥に囚われてしまうところを、ASS1を唱えていたからすぐに気持ちを切り替えて不快な感情を忘れていました。

BDNFの還元

おもに学習性無力症と罪悪感の遺伝子コード。

唱えていると、体の内側から力が漲ってくる感覚があります。
さらに唱え続けると、ほんのちょっとの風では「靡かないぞ!」という体の中にどっしりと中身が詰まっている感覚を得られます。
心なしか体もポカポカしてきて、ちょっとやそっとでは動揺してあわあわしない自信も漲ってくるかも。

冗談を言えるようになる

C9orf72の還元

面白いジョークを言えないのは「面白いことを言えない自分はダメだ!」と責めているからだと、大嶋先生に教えてもらいました。
炎症に効くこの遺伝子コードを唱えていると、確かに面白いことを言えるようになります。
冗談って、ちょっと下品だったり、誰かを悪く言ってしまったりして、「人から批判されるかも!」という怖さが自分の中にあったのかもしれません。

ストレスからの空腹

GABRG2の還元

ストレスや怒りを感じた時に、急にお腹が空いてくることってありますか?
そんな時は、この遺伝子コードが効きます。
ストレスで急激に血糖値が下がった時に、効果があるのかも。

ストレスを引きずってやる気が出ない

ELNの還元

人格者の遺伝子コードとして紹介されていました。
人から受けたストレスがずっと消えずに残っている人、嫌なことを引きずってしまう人にオススメの遺伝子コード。
ストレス刺激に適切に反応できなくなっている可能性があるので、ストレスのミルフィーユ状態から解放されるために唱えてみると、ストレスが消え、発作的な行動をしなくなります。
腹が据わった感じがして人や物事に動じなくなり、適切な行動や振る舞いを取れる大人になれる遺伝子コード。

体が怠くて動けない

GSTM1の還元

ジーエスティーエムワン。
唱えていると、体の中に溜まった毒素を浄化するのか分解するのか、解毒作用がある遺伝子コードだそうです。
確かに、唱えていると頭痛がなくなったり、体が軽くなったりして「あ!今、自分は体調が悪かったのか!」という無自覚な症状に気づけます。
知らず知らず怒りが溜まってしまっていたり、他人から何かを受け取っている時に唱えると絶大な効果を感じられるお気に入りの遺伝子コード。

TENT5Aの還元

テントファイブエー。

大嶋先生のブログで「孤独感」の遺伝子コードとして紹介されていました。
なぜかやる気が出ない。
ある人のことがグルグル頭の中で回っていて「あの人はどういうつもりなんだろう」とか「あの人はどう思っているんだろう」という思考が絶えず働いている。
思考中毒に陥ってしまっていて、仕事の意欲もなくなり、起き上がれない…。

そんな時に唱えると、「あれ?さっきまでの怠さはどこに?」という感じで動けちゃう。
動けなかったのは、人と自分を比較して孤独の発作が起きていたからかもしれません。
孤独を感じているから、(脳内で)不安でどんどん人に近づいていって、人との距離感が近すぎてしまう。
すると、相手に囚われてしまったように動けなくなる。
唱えていると人と適切な距離を保ち、やりたいことに対しての意欲が湧いてくるかも。

怒っている人が怖い/人に緊張する

SCN1Aの還元

蛇に睨まれた蛙状態になってしまうのを和らげる遺伝子コード。
「あの人に怒られるのが怖い…」と固まって頭が真っ白になってしまいそうな時や、「あんなメールを送って、嫌な返事が来たら怖いな…」とまだ見る未来に恐怖を感じている時に唱えていると、緊張が和らぎ、普段の自分を取り戻せます。
私はこの遺伝子コードでかなり「怒られる」ことが平気になったんじゃないかな?と思っています。

支配関係/薄汚れた気持ち

PYYの還元

しがらみカッターの遺伝子コード。
人からの影響で、自分が醜く薄汚れたゴミみたいな存在だと落ち込んでいる時、それはもしかしたら支配の影響かもしれません。
罪悪感にまみれてこの世に生きているのが申し訳なくなって息苦しい時に唱えてみると、薄汚れた気持ちがどっかへ飛んでいきます。

ちなみにPYYって食欲を減らすホルモンらしいです。

人から受けたショックでやる気がそがれた/フラッシュバック

GNASの還元

ジーナス。

嫌なことを人にされて「さっきまでやる気があったのに、今は何をやっても楽しめない…」とか「せっかくやる気満々だったのに、意欲が出ない…」と落ち込んでしまった時。
楽しいことをしようと思っても、嫌なことをしてきた人のことが頭から離れず、グルグル考えてしまって動けない。
「アイツのせいで気分が下がって、楽しめない!」となっている時に唱えてみると、あれ?それは本当に私の気持ちだったの?となります。

それは実は、ストレスホルモンで砂糖漬けになってしまっているから、血糖値が上がってついでに睡眠も乱れているのかも?
そんなことが大嶋先生のブログに書いてあって、確かに最近寝不足なんだよな~、寝れないんだよな~なんて思い出します。

フラッシュバックが止まないのは、血糖値が原因だったのかも。

KING1の還元

キングワン。

これ、ちょこちょこ唱えたくなります。
「美味し~い」人生、美味しい感覚を取り戻す遺伝子コード。

「楽しい!」という感情を忘れてしまっている時、テンションが上がらない時に唱えるとフラットな気持ちに戻り、元の意欲を取り戻せます。

文章の表現力をアップする

EHMT1の還元

大嶋先生のブログの『「愛情」は分からない!と思っていました。でも、ケチっていただけ』に「表現力」の遺伝子コードとして紹介されていました。

はじめはなんとなく唱えていて「あれ?頭がえらいクリアになって、思考がスムーズ!」と思っていたんですよ。
テキパキやるべきことをこなせていけるし、ムダがない感じ。

だけど、文章をこうやって書いている時に「ん?表現の幅が広がってる!」と気づきました。
いつもは誰かの言葉や本の表現を丸パクリみたいになってしまっていたのですが、「自分の言葉で表現する」ができている。
それはきっと「自分のオリジナルの解釈を加えたらいけない!」とずっと思っていたから、原作通り忠実に表現しようとすると硬い文章になってしまっていた。

言葉の勉強をしなくても、元から自分の中にあった豊かな言語力を発揮して、なめらかな文章を書けるようになります。

本が読めない

CACNA1Aの還元

カクナワンエー。

本を読もう!という気持ちは強いのに、いざ読み始めようと思ったら雑念が湧いてきて「あの人はこういうこと言ってたな…」とか「あの人に嫌われてるかも…」と脳内トリップをして、全く読書に集中できない。
1行を何分読んでるんや!という時に唱えると、「目の前に集中!」となってスラスラ文字を追うことが出来ます。

これを唱える前に、失読症のROBO1とか共依存系の遺伝子コードも色々試してみましたが、人の気持ちを想像することが止まりませんでした。
「もしかして、優先順位がバグっている…?」と思って唱えると頭の雑念が消えて、今やるべきことに集中できたので、右脳を上手く使えておらず空間認識能力が歪んでいたのかもしれません。

唱えていると目の前のものがきちんと認識できて、本当に今必要なことに取り組めるかも。
そして、人間関係の自分の立ち位置もきちんと見えてくるから、人のことをグルグル思い出したりせずに適切に状況に対して行動していけるはず。

心なしか頭も体も軽くなって、背筋がシャキッと伸びます。
いつもより処理能力が早くなるかも?
今、必要なことにだけ集中できて、その他のことは「スルー!」とできます。

記憶力を上げる

APOEの還元

短期記憶の遺伝子コードでしたが、これを唱えて記憶力が上がったら負けた気がすると思って、長年唱えませんでした。

でも、どうしてもレシピを暗記したい!と思った時に、まずUNGの還元を唱えていたのですが(これは料理の手際が良くなる遺伝子コードです)、APOEを唱えていた方が記憶の定着が早かったです。

「記憶力が良いって、こんなに楽なんだ!」と実感できる遺伝子コードです。
(要領が良い人は記憶力が良いと、大嶋先生が昔ブログに書いてらっしゃいました)

記憶力が低下していると、いちいち確認しないといけなくてモタモタしてしまうし、そのいちいちの確認作業が面倒で億劫になってしまう。
だけど、APOEを唱えて一瞬で記憶した後は、自信を持って自分の記憶通りに行動が出来るからストレスフリー!

食後の眠気

INSの還元

食後、血糖値の上昇で眠くなったっぽい時に唱えると、眠気がなくなります。
食後、血糖値が上がって疲れてしまったり、嫌なことを思い出したりする時にも。

GNASの還元

ジーナス。上と同じ。

TXNの還元

昼食を食べた後に眠くなって、どうにも辛い!という時に唱えたら、頭がクリアにスッキリに。
知らぬ間に脳内にストレスが溜まっていたのかもしれません。

BGLAPの還元

ビージーラップの還元。
朝食にフルーツを食べたら途端に眠くなってしまった時に唱えると、眠気がなくなりました。
大嶋先生のブログでは「表現力」の遺伝子コードとして紹介されていました。
話を伝える時に噛み噛みになってしまって「伝わってない!」と判断するのが早すぎて余計に捲し立ててしまうような場合に効くかもということです。
調べるとオステオカルシンの遺伝子コードらしく、私の場合は血糖値とかエネルギー代謝の方に効き目が出たのかもしれません。

MRS2の還元

最近の研究でジャンクフードを食べても痩せるかも?ということで紹介されていた遺伝子コードでしたが、運動後や食事後に眠くて仕方ない時に唱えていると、眠気がなくなりました。
詳しいことは分かりませんが、これが効いたということは、マグネシウムトランスポータータンパク質の異常で血糖値や血圧が不具合を起こして眠気に繋がっていたのかもしれません。

お腹が空いて寝れない

OXTの還元

オーエックスティー。
信頼関係、オキシトシン、愛情に関するの遺伝子コード。
食欲(特に甘いもの)を急に食べたくなるのは、母の愛を求めているのかも?
本当は、何か食べたいのではなく、愛情や安心を求めている時に。
個人的に、『調和の中に生きる安心感』と効果が似ている気がします。

朝、起きる

GALNSの還元

ギャルンス。
朝起きた時にスッキリせず、布団の中でダラダラしている時に唱えていると、知らぬ間に頭がクリアに働くように。
責任感から孤独を感じて、睡眠が乱れている時に。

PYYの還元

いつもの時間に起きて「さあ、読書しよう!」としても、頭が全然起きなくて眠くて仕方ない…。
カフェイン断ちを始めたからか、昨日母親と長い時間メールをしたからか?どっちだと思って試しにこれを唱えてみると、見事眠気が吹き飛んで頭が起きたので、母親のしがらみだったようです。

支配の影響って強烈ですね~。
ちょっとやり取りするだけで動けなくなってしまったり、やる気を削がれて何もできなくなってしまう。

夜にきちんと眠る/眠れない時

PER2の還元

パーツ―。
体内時計を整える遺伝子コードです。
私はSLC6A4であまり眠くならず、この遺伝子コードの方が効きます。
朝早く起きて運動もしたのに、深夜3時になっても目が冴えてしまって全く眠くない時に唱えたら、それまで全くあくびが出なかったのに、あくび連発しました。
昼夜逆転に効くので、昼間眠くなった時に唱えると、目と頭が冴えてシャキーン!となります。
概日リズムが狂っている時に唱えると、適切な体内時計に戻してくれるのかも。

CLOCKの還元

上記と同じく、体内時計の遺伝子コードです。
自分への効果も、上記のPER2とほぼ一緒です。
寝なきゃいけない時間に唱えたら、眠くなります。

SLC6A4の還元

夜中になると、突然不安な気持ちに襲われたりしませんか?
さっきまでは大丈夫だったのに、深夜になると「お金がない!」の発作だったり、「あの人に悪く思われているかも…」と急にグルグルいろんなことを考え始めてしまう。
そして、不安を解消するためにネットサーフィンをして、眠るのが1時間…2時間…とどんどん遅くなってしまう。
そんな「どうしよう!もう生きていけないかも!」という切羽詰まった感覚や見えない将来に対する暗い気持ち、不安感を一瞬で和らげて安眠できる遺伝子コード。

ANGPTL4の還元

お腹がいたたた!の時に唱えると腹痛が治る遺伝子コードでお馴染みのアングピーティーエルフォー。

全く眠気がない夜に適当に唱えていると、知らぬ間に寝ていました。
後で大嶋先生のブログで調べてみると、「安心して眠れる遺伝子コード」として紹介されていました。
「眠りのための体温を調節してくれる腸を整える」のだそうだ。

リーキーガット症候群の遺伝子来コードで、腸の脳のセロトニンのバランスを整えるのに効果があるのかもしれません。
また、私はよく潜在抑制機能障害の傾向が出るのですが(ナラティブです)、「〇〇が気になる!」と一つの物事に囚われすぎて頭から離れない時にも効くかもしれません。

SLC6A9の還元

エスエルシーシックスエーナイン。
感覚過敏の遺伝子コードで、人の音が気になって眠れない時に効きます。

眠れない理由って色々あると思います。
カフェインを遅い時間に摂取してしまったとか、仕事が終わらなくて不安で眠れなくなっていたりとか、嫌な人が頭から離れなくてじっと目を瞑っていられないとか…。
そんなこんなで午前3時を過ぎても「全然眠くならない!むしろ、目が冴えて絶好調!」という時に唱えると、急に眠気がきていつの間にか眠っていました。

確かに私は昔から音や光に敏感で、いつまで経っても眠れない人でした。
父親が深夜までリビングでゲームをしているから、リビングの煌々とした光が眩しくて眠れないとか、人と一緒だと目が冴えてずっと起きているとか。
夏だと、外の虫の声や冷蔵庫の音がうるさくて眠れなくてイライラしたりとか。
昼間でも、隣や階下の人の立てる物音が気になって気が散ってイライラしてしまいます。
家の近所を救急車やパトカー、バイクが通ったり、外で人の話し声が聞こえると、全く読書ができなくなります。
そして認知機能が急激に下がるから、目の前のことに集中できなくなっちゃうんですよね。

唱えていると、音への反応がやわらいでくるかもしれません。

乗り物酔いや吐き気

CACNA1Aの還元

算数障害系の遺伝子コードですが、ふらつきにも効きます。
空腹で電車に乗って酔っている時や、甘いものを食べ過ぎて気持ち悪くなっている時に唱えるとマシになります。
ちなみに、酔いや気持ち悪さがなくなったのと同時に、疲れて怠い感覚も消えました。
実はこれは、あんこを食べ過ぎて気持ち悪くて動けなかった時に私の心に聞いたら教えてくれた遺伝子コードで、『無意識の旅』にもシェアさせていただきました。

MAPK1の還元

マップケーワン。
共依存の遺伝子コードです。

朝起きた時の吐き気や気持ち悪さ、ウォーキング中にいきなり体調が悪くなって吐きそうになった時、食べた後に急に出てくる悪心…そんな時にこれを唱えていると大体止まります。

自分では「昨日あれを食べたのが当たったのかなあ…」とか思うのですが、自分の感覚がそもそも麻痺していたから変なものを食べたりして、腸がおかしくなっていたのかもしれません。
もしくは上記のCACNA1Aのように、共依存で右脳と左脳のバランスが取れなくなって「う…気持ち悪い…」となっていた可能性も。

誰かの感覚と共依存し合って気持ち悪くなっている時に唱えると、本来の自分の感覚を取り戻せるのかもしれません。

RAGEの還元

大嶋先生のブログ『身体を守るスーパーヒーロー』にて、最新の研究で注目されている遺伝子コードとして紹介されていました。
自然免疫に関わる受容体がRAGEらしいです。

私の場合は、朝起きた時に吐き気を感じて「昨日、夜遅い時間に食べちゃったからなあ…」と思っている時に唱えていると、吐き気が消えていきました。
そして、認知機能が下がって判断力が低下しているような感じでだらだらしてしまっていたのですが、唱え続けると頭が起きてきました。

元を辿れば、昨夜ちょっと嫌なことがあって、それで夜中なのに食べてしまっていたので、「あ、自分を責めていたのか…」と気づきました。
「通じ合えない」ストレスに効くかもしれません。

体の痛み

※まずは必ずお医者さんに診てもらってください。

C9orf72の還元

体の炎症に効く遺伝子コードです。

SIRT1の還元

お馴染み若返りの遺伝子コードですね。

私は実はあまりSIRT1を唱えたことがないというか、「効いた!」という実感が今まであまりありませんでした。
しかし、ストレッチをしても肩凝りほぐしをしても首のマッサージをしても肩甲骨の痛みが引かなかった時、他の遺伝子コードや呪文も試してダメだったので、まさかのこれを唱えるとかなりマシになりました。
そして、心なしか体も軽くなった気がします。

新たな視点が見えてくる

CBSの還元

シービーエス。
大嶋先生のブログでは「洞察力」の遺伝子コードとして紹介されていました。

唱えてみると、唱えてすぐに効果があった!という感じではなく、ちょっとタイムラグがあってから効果を感じます。

たとえば、唱えてしばらくしたら、ネガティブに捉えていた物事の見落としていた記憶を思い出します。
「私は〇〇とずっと思っていたけど、そういえば△△なことがあった…!」と、それまで記憶から抜け落ちてしまっていた自分にとってプラスの情報を思い出すような感じ。
そうすると、グルグルと囚われていたことから抜け出せます。
今まで見えてなかったことが、脳内の視野が広がって新しい視点を得られる遺伝子コードだと思っています。

アイデアが湧いてくる

CENPJの還元

センプジェイ。
ミラーニューロンを有効活用できる遺伝子コードだそうです。
脳梁峡部が若返って危険を回避し、「ストレスフリ~!」で生きられるとのこと。

ミラーニューロンを活用して良いアイデアが思いつくかも。

また、もしかしたら唱えていると、集団の中でも冷静に堂々と話せるようになるかも?

お金を稼げる?引き寄せる?

C9orf72の還元

お金を引き寄せられた気がします。

「持ってる人」になる

TRPC5の還元

「チャンスを引き寄せる!」と思って唱えていたら、今の彼氏と出会うことになったキッカケの遺伝子コード(だと私は思っています)。

頭痛をなくす

TRPC4の還元

突然、頭痛がしてきて何もやる気が起きない~!となった時に唱えると、頭痛がすぐに消えて頭の回転が良くなります。
大嶋先生のブログでは、肝心な時や緊急事態に力を発揮できる遺伝子コードとして紹介されています。
私が唱えて頭痛が治ったのは、もしかしたら脳の血流に問題があったからかもしれません。
個人的には、コーヒーを飲んだ後に起こる頭痛に効きやすいと思っています。

MAOBの還元

マオビー。
怒りから頭痛がしている時に唱えると、怒りも頭痛もすぐに消えます。

SCN9Aの還元

天邪鬼、強迫性パーソナリティ障害の症状に効く遺伝子コード。
劣等感で卑屈になっている時にも。
脳を変えちゃおう!ということで唱えると、脳の血流が良くなるかも?
上記と同じく唱えてすぐに、怒りやそこからくる頭痛が消えました。

ESR1の還元

生理に関係する頭痛に効きました。
エストロゲンに関係する遺伝子コードだそうです。

GABRA1の還元

ギャブラワン。

てんかんの遺伝子で、人から注意されたら発作を起こしてしまう人に効くやつです。
私の場合は夕食後に急に頭痛がしてきて、「夕飯を食べ終わったらもう一仕事しよう!」とやる気満々だったのに頭が回りませんでした。
寝不足?コーヒー?と思って中指ビンゴに聞くと、この頭痛は「寝不足」と反応が出たので、寝不足ならじゃあ寝るまで頭痛治らないか~と思ってたんです。
でも、なんとなく適当にまずGABRA2を唱えたら「あれ?ちょっとマシになった?」と感じたので、GABRA1も唱えてみると頭痛がきれいに消えて認知機能が戻り、ついでに疲れ目のような症状も治り視界がクリアになりました。

SNSや誰かにメールを送るようなことをずっとしていたので、もしかしたら誰かの発作に影響を受けて電気ビリビリ!ってなっていたのかもしれませんね。
私は高1の頃までてんかんの疑いがあって、定期的に病院に通っていました。
結局てんかんではなかったみたいなのですが、ナラティブで見るとやはりてんかん発作のスイッチがオンになりやすいのかもしれません。

その後は、もう寝る時間になってから異様にやる気が出てきたので、やろうと思っていた仕事をバリバリ終わらせました。
(遅い時間に唱えるんじゃなかった…)

SSTの還元

エスエスティー。
大嶋先生のブログの『外出できないから遺伝子コードでダイエット』で紹介されていました。
「若返りと倦怠感」の遺伝子コード。

朝起きた時に頭痛がすることが増えて、「カフェインの摂取量が多いからかなあ」とか考えていたのですが、頭痛を治そう!と思って唱えていたのではなくて、なんとなく唱えていただけで「あれ?頭痛なくなった!」となったからすごい。

そもそもカフェインで「テンション上げよう!」となっていたのは、疲労感を誤魔化すためだったのかもしれません。
唱えていると体も元気になって、動くことが苦ではなくなったので「カフェイン依存は老化した自分の体に鞭を打っていただけなのか…」と気づきました…。

頭に靄がかかった感じ(ブレインフォグ)

SNRPNの還元

スナ―ピン。
嫉妬関連の遺伝子コードで、仕事から帰ってきたら余計なものを大量に食べちゃう!とか食欲がコントロールできなくなっている時に効いたら「嫉妬の影響やで!」ということ。

私の場合は、お風呂から上がってきて「さあ、いつも通り仕事をしよう!」とそれまでやる気満々だったのが急にやる気が出ず、頭に靄がかかったように認知機能が低下している感覚がありました。
そして、なぜだかさっき食べたばかりなのに「お腹が空いた!」と思って食べている途中で無意識にこれを唱えていたのですが…唱え始めて頭の靄が消えていった時に「嫉妬だったのか!」と気づきました。

ちなみに、たぶん母親の嫉妬で、母親にメールを返したら、認知機能も眠気も食欲も元に戻りました。
電波に乗ってやってくる嫉妬…おそろしや。

認知機能を元に戻す

APOEの還元

アポイー。
短期記憶の遺伝子コードで、物忘れとか記憶が飛ぶという認知機能に効きます。
認知症とも関係があります。

私の場合、目の疲れや急激なストレス反応で頭痛がして、認知機能が低下します。
以前は一旦頭痛で低下した認知機能は寝ないと治らなかったのですが、最近は遺伝子コードや呪文で回復することが多いです。
PF4の還元とかでも、同じように認知機能に戻す効果があると思っています。

よく眠っているはずだし、ストレスもないはずだし、血糖値も気を付けているはずなのに、なぜか朝から頭痛がしていて全くワーキングメモリーが働いてないなあとなっている時に唱えると、記憶力が回復しました。
私はひどいストレス状態の時の知能検査で、ワーキングメモリー(短期記憶、特に耳から聞く情報)が100以下の数値だったのですが、本当に言われたそばから忘れるし、自分が喋っている間に「あれ?今、自分は何の話をしてたっけ?」と記憶が3秒持たないような状態でした。
幼少期から記憶力だけは自信があったので、これはショックでしたね。
記憶力が下がった要因はいくつもあります。むしろ、失恋のトラウマが原因で、あえて自分の認知機能を破壊することばかりやっていました。
こんな記憶力要らない!と思って、タバコや自〇未遂(脳の血流が悪くなる)、睡眠時間は毎日2時間…『催眠ガール2』の青木のように、バカになりたかったのです。

血糖値がコントロールできなくて、頭が働かずに判断力が低下している時、人と比べて頭真っ白となっている時、算数障害っぽくなっている時に唱えると元に戻ります。

昼間の突然の眠気や怠さ

MMP9の還元

エムエムピーナイン。
低気圧にやられちゃっている時の体調不良に効きます。
だる~となっていたのが、唱えた瞬間に目と頭がシャキーン!となります。
ちなみに、この遺伝子コードは普段から酸欠の人にも効くのだとか。

ALBの還元

大嶋先生の本を読んでいると眠くなってきた時に唱えたら効きました。
知らぬ間に母親の目線で物事を見ていて自分を否認していたから、否認で頭がボーッとして文字が読めなくなってしまっていたのかもしれません。

突然の腹痛/お腹を下している時

ANGPTL4の還元

お馴染みの遺伝子コード。
腹痛の時に唱えると、本当に効きます。
ただ、定着しないらしいので毎回唱えないといけないことと、個人的にコーヒーを飲んだことによって起こる腹痛には効きませんでした。
(Gene Cardsで調べたレプチンの還元が個人的にはコーヒーの腹痛に効いた気がします)

お腹が冷えたのか、お腹に悪いものを食べたのか…お腹がギュルギュルゴロゴロとなって下しそうな時に唱えると、止まります。
ただ、大抵は唱え続けていないとキツイです。
でも、しばらく唱えていると、ゴロゴロがピタッと止まったりもします。

CLOCKの還元

時計遺伝子ですが、腸閉塞とリーキーガットの共通遺伝子でもあるそうです。

仕事の前にお腹がイタタとなってしまって、「さっきトイレに行ったばかりなのになあ」ということが頻繁にありました。
でも、もしかしたらそれって自分を責めているから、「仕事」と考えた時に自己免疫が暴走して、お腹を下していたのもしれません。
確かに、今から思うと「失敗したらどうしよう」とか「怒られたらどうしよう」「ちゃんと出来なかったら…」ということばかり考えていた時に、仕事前に「さっきトイレに行ったところなのに、またトイレに行きたい!」となっていました。

ちなみに私は一時期電車に乗ると必ず途中で「トイレ!」となっていました。
その時は、「コーヒーが体に合わないのかなあ?」とか「車内の空調でお腹が冷えたのかなあ」と思っていました。
だけど、仕事前の腹痛と同じくこの遺伝子コードを唱えることで「トイレに行けない場面で腹痛が起こる!」ということが一切なくなりました。

生理痛

HTR2Aの還元

エイチアールツーエー。
これはまだ私が「遺伝子コードなんて効くの?」と思っていた時に唱えて、「うわ!ほんまに生理痛なくなる!」と感動した遺伝子コード。
ホルモンバランスや恥に関係するからか、生理痛でひどい腹痛の時に唱えると1分ぐらいで生理痛が治まります。
また、生理前や生理が始まった時に「うわ~!」と思い出す恥ずかしい思い出が、唱えることによって頭の中から消えていきます。

ESR1の還元

唱えていると生理痛も消えるし、生理前の頭痛などの体調不良にも効きました。
エストロゲン、ホルモンバランス、「女性は女性らしく、男性は男性らしく」という遺伝子コード。

浮腫み

SQSTM1の還元

エスキューエスティーエムワン。

「なんか昨日よりも顔が浮腫んでる…」とか「なんか体が重くて怠い…」「太った…」と思っている時に唱えると、顔がシュッと軽くなった感じがします。
意識では「もうすぐ生理だからかな?」と思ったり、「最近食べているのに運動してないから…」と落ち込んだりしますが、これを唱えると浮腫みを感じていた顔が小さくなった気がして、体も軽くなります。

大嶋先生のブログでは、相貌失認や魅力的になれる遺伝子コードとして紹介されています。
唱えていると顔がシュッとした感じがするのは、表情筋を笑顔で鍛えているのと同じ効果がある?
(ちなみに私は表情筋が弱いみたいで、高校生の頃から顔のトレーニングをしています)

人にモテる?良い人が寄ってくるようになる

NOS2の還元

唱えていると、なぜか人に好かれやすくなるというか、人に好いてもらえるような温和な態度を取れているのかもしれません。
人に寛大に優しくなれるし、優しい人が絡んでくれるようになる遺伝子コード。

AVPの還元

唱え始めた瞬間、それまで連絡が滞っていた方々から続々と返事がきた遺伝子コード。
美味しい人生、豊かな人生になれる。

逐語記録を取る能力を上げたい

MAPK1の還元

かなり個人的な願いですが、カウンセリングで逐語記録というのを取っています。
クライアントさんの言語を全て文字起こしする作業です。
これのスピードを上げるには、「不器用さかな?」と思っていたらビンゴ。
耳で聞いたものを左右の指のタイピングと上手く連携して記録を取る能力がやはり必要だったようです。
ちなみに唱えたら、ちょっと頭がクリアになります。
共依存の遺伝子コードなので、人からの感情が流れ込んできて苦しい時に唱えると楽になります。

恋煩い

GABRG2の還元

好きな人のことが四六時中気になって、何もやる気が起きない時に唱えるとフラットに戻れます。
恋をするとドーパミンが分泌されるのですが、このドーパミンで「相手の気持ちを考えるのが止まらない!」と妄想中毒になってしまっているのかも。
唱えていると、発作を起こして破壊的人格になるのも止められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました