PR
スポンサーリンク

【人生改革レッスン】5月のメニューを発表いたします

お知らせ
スポンサーリンク

【人生改革レッスン】とは、大嶋信頼先生のメソッドや簡単な心理テクニックを体験するオンライングループワークです。
隔週で行っております。
朝活として、自分と向き合う時間や参加者のみなさんと何かをシェアして与え合えればなあと思っております。

さて、5月のメニューはこちらになります。

第9回から時間を多めに取りまして、交流の時間も取ろうと思ってます。
いつものレッスンの後に一度休憩を挟みますので、レッスンのみ参加で懇親会は不参加でも大丈夫です。
(第8回のブレストは交流の代わりになると思いますので、その次の回から休憩を挟んだ後に自由時間を作ろうと思っています)

お茶やお菓子など用意してもらって、まったり好きなことを喋れたらなあと思ています!

第8回:「ストレスが消える5回呼吸法」「ブレインストーミング」

開催日時

2024年5月11日(土)
午前9時30分~10時50分まで

Zoomでの開催となります。
※当日のZoomリンクは、お申し込み時の自動配信メールに記載されています。

ストレスが消える5回呼吸法

アンアン 2024年4月10日号 カラダにいいもの 2024年・春】に掲載されていた「あえて意識を使って眠る。」方法の1つです。

created by Rinker
マガジンハウス
¥730 (2024/06/17 18:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

ストレスって、言語化できないとなかなか解消できなかったりするんですよね。
そして、「呼吸」ってすごく万能です!

私は面倒くさがりのADHAなので(ナラティブ)、瞑想で長時間じっとしているのが苦手です。
(ある研究では、トラウマが深い人は瞑想でフラッシュバックが起きやすいとも言われています。安静時に安静にできないのが心の傷ですもんね)

だけど、何か作業に集中する前に深呼吸を5回するだけで、集中力が不思議とアップします。
さらに、嫌なことがあった時にとりあえず5回ゆっくり深呼吸するだけで、さっきまでグルグルしていた思考がスーッと消えていったりします。

呼吸って本当にすごいんです。

これは私の体験ですが、今回は本題のレッスンに入る前に、みんなで一緒に「自分の今日一日の感情が、息とともに~」と唱えてデトックスしてみましょう!

みんなで「ブレインストーミング」

昨年2023年の大嶋先生のブログに書かれていた「ブレインストーミングで自分の理想的な姿になる」をみんなで実践していきたいと思います。

大嶋先生のブログでこのブレインストーミングの話を読んでいた当時、私は毎日一人ブレストをする時間を取っていました。
「自分の理想的な姿」を1つ決めて、10分間思いつく限りアイデアを書いていきます。
コツは、出てきたアイデアを却下しないこと。

これを今回は、参加者のみなさんと行おうと思います!

実は読書会でもブレストっぽくなることが多いですし、私が普段友人と会話する時も知らず知らずの内に「ブレストしてたんだ!」と気づきました。

まあ、それには理由がって、私は人にアドバイスをされることがものすごく苦手です。
アドバイスされる時は、だいたい「もうそれ知ってる…」ということしか相手に言われないので、イラッとしてしまうのです。
そういったこともあって、私はなるべく人にアドバイスしないように気を付けています。

お互いに相手の意見を否定せず、相手の意見から「あ!これはどうかな?」と会話を広げていくと、どんどんいろんなことが見えてきます。
そして、ある方のお悩みを聞いて「それ、私にもある!」と自分の体験を思い出したことをシェアすると、そこからまた「私はそれを聞いて、〇〇を思い出した!」といった感じに会話が広がっていきます。
すると、1人ではたどり着けなかったところにたどり着いたような閃きが出てくるので、「やっぱり人と会話するって面白い!」と思えます。

第8回は、ほぼ1時間を使って、みんなでブレストを行っていきます!
ルールは、「アドバイスしない」「アイデアや意見にはすべて肯定的に」だけです。

余談ですが、「ギャル式ブレスト」をされている会社がありまして、「なんて素敵!」と思っています。

第9回:「自分を縛りつける意識(しがらみ)から解放されるスイッチ」「普段言えない罪悪感を相手に吐き出す」「大嶋先生流、片付けメソッド:安心できる場所をイメージする」

開催日時

2024年5月25日(土)
(レッスン)午前8時半~9時50分
(休憩)10分
(懇親会)10時~10時50分頃まで

Zoomでの開催となります。
※当日のZoomリンクは、お申し込み時の自動配信メールに記載されています。

レッスンのみの参加OK。
10時からの懇親会は、各自お茶やお菓子を食べながら参加OK!

「自分を縛りつける意識(しがらみ)から解放されるスイッチ」

第9回のウォーミングアップは【毎日がうまくいく 朝のスイッチ】より、しがらみを脱ぎ捨てるスイッチです。

この朝スイッチも私は大好きです。
毎朝、起きてすぐにやっていました。
めちゃくちゃお手軽で一瞬で終わるし、とても簡単な動作なのに「あれ?なんか頭がスッキリした!」となるからすごい。

このスイッチのイメージは、「兜を脱ぐ」だそうです。

「兜を脱ぐ」とは「相手に降参する」という意味がありますが、しがらみを「邪魔してくる人たち」とすれば、その人たちとは「戦いません!負けました!」という感じです。(p46)

意識で考えて「なんとかしなければ!」ともがいている時って、戦ってしまっているんですよね。

余談ですが、大嶋先生と同じぐらい尊敬している鈴木祐さんの【無 最高の状態】でも、「降伏」が大切であると書かれていました。

created by Rinker
¥1,386 (2024/06/17 18:38:52時点 Amazon調べ-詳細)

幸せな人がなぜ幸せなのかというと、痛みに無理に抵抗せずに「痛いんだ」と痛みを受け入れているからだそうな。
「痛いのが怖い!」とか「早く痛みを取ろう!」としようとすればするほど、どんどん痛みが増していったりしたことはないでしょうか?

「降伏する」って頭では理解できるのですが、実際は結構な頻度で物事に抗って戦っている自分がいます。
でも、抵抗しなかったら、いつまで経ってもしがらみや邪魔してくる人の言いなりで苦しいじゃないか!と思いますよね。
そこでこの【しがらみから解放される朝のスイッチ】です。

ただ兜を脱ぐような動作を座ったままゆっくりと行うだけで、頭や体が軽くなった感覚になれます。

普段言えない罪悪感を相手に吐き出す

チクチク・いやみ・理不尽と感じる「ほんのひと言」に傷つかなくなる本】より。

これも私が大好きな大嶋メソッドなのですが、「心を乱されるフレーズ」を誰かに言われて頭が真っ白になっている時にやってみると面白いことが起こります。

たとえば、私がただ会話を盛り上げるために言った一言に相手が「それは違うと思う」と強い言葉で反論してきた時、私は「思わぬ批判をされた!そんなつもりで言ったんじゃないのに…!」と思ってガーンとフリーズしてしまいます。
その時は、相手の批判の言葉をスルーして何食わぬ感じでそのまま会話を続けたのですが、数日経っても頭の中でその時の相手の言葉がグルグルと残っていて、まるで死んだ後に強まる念のように日を追うごとにその言葉が私の脳内を占領していきます。

「なんであの時にちゃんと相手に言わなかったんだろう…」と、変に空気を読んでしまった自分を責めて、相手に誤解されてたら嫌だな…と居ても立ってもいられない感じになっていきます。

実は「心を乱されるフレーズ」を相手に言われて自分の頭が真っ白になってしまっている時って、「相手の罪悪感と後悔を受け取っている時」なんです。
なので、「相手が欲する言葉を見つける」必要があるのですが、相手が欲する「後悔や罪悪感が打ち消される言葉」というのは「自分を消す」ことで見つけることができます。
そして、「相手が欲する言葉」というのは、自分の中にある「罪悪感と後悔を言葉にしたもの」です。

それは「内省」なんだと思います。
罪悪感と後悔って、一番自分が見たくないものじゃないですか。
なので、「一番人に言いたくない恥ずかしいこと」が「後悔や罪悪感が打ち消される言葉」になるんです。

このメソッドはやっててなかなか心が抉られて痛いのですが、スッキリ度はかなり高めだと思っています。

さて、先ほどの私の「会話の中の何気ない一言を相手に本気で痛烈に批判された」という頭真っ白案件に戻ります。
このガーン!となっている感覚は相手のものを受け取っているので、打ち消すために「自分の心の中にある罪悪感を吐き出す!」と思いながら、普段は相手に素直に言えないような罪悪感を探っていきます。

「盛り上げようとか笑ってもらおうと思って言ったけど、それは私の本心ではなく、相手の気持ちを勝手に想像して言った出まかせなので、相手に真剣に向き合っていない弱虫な自分」というのが出てきました。
ということは、この感覚って相手がそう感じていた罪悪感になります。

それでもまだちょっとスッキリしないのでさらに探っていくと、今度は「相手を持ち上げているように見えて、自分のことをかわいそうと同情してもらって、“あなたは素敵だよ”と相手に思って欲しいという卑屈さが、逆に自分以外の他人を見下している態度に繋がっている狡猾な詐欺師のような人間」と出てきました。
すると、相手が私の心を乱すフレーズを言ってきたのは、私に「あなたの考えは素晴らしい!」と称賛してもらいたかった気持ちと、相手が優劣の錯覚で「自分の方が上!」と思っているのか!ということが見えてきます。

もう1つ例に挙げてみます。
たとえば、友達関係で「送ったLINEが一向に既読にならない」となっている時。
「そろそろ既読になってるかな?」とトーク画面を開いても、未だに未読状態でガーン!と頭が真っ白になる。
「私に魅力がないから、自分以外のもっと魅力的な友達たちとやりとりしていて、私のことはどうでも良いと思われているのかも…」と落ち込みます。

そこで、いつまでも凹んでいたくないので、「自分が認めたくない罪悪感」を探ってみます。
すると「いつも会話をする時に自分の話ばかりしていて、それも自分の自慢話ばかりで、相手の言葉を上手く広げられない身勝手な私」と出てきました。

でもちょっとまだ弱いかな?と思ったのでさらに探っていくと、「私と会話していても楽しくないと思い込んで、楽しくする努力もせず、いつも一方的に会話を終わらせていて相手と向き合おうとしなかった弱い自分」が出てきました。
これは実は、友達が感じていた罪悪感なのかもしれません。
友達は自分に自信がないから、私にLINEをする勇気がなくて、私が送った文章も怖くてトーク画面を開けないのかも?と思ってみると「確かにそういうヤツかもなあ~」と思えてくるから面白い!

ちなみにこの罪悪感のマッチ度の点数は、80点ぐらいがちょうど良い目安だそうです。

100点まで行ってしまうと相手を泣かせてしまって相手との関係性が大きく変わってしまうので、80点ぐらいの言葉がいいです。(p140)

いや~、でも100点の言葉を掛けてみたいですよね(笑)

楽しいので、もう1つやってみます。
次は恋愛でいきましょうか。

たとえば、長年大好きだった人に告白して「君とは付き合えない」と振られてしまった時に、ガーン!と頭が真っ白になってしまいます。
この時にまず反省よりも先に、「今、自分が感じている罪悪感は私のものじゃなくて好きな人のもの」と思ってみます。
そして、好きな人がかけて欲しい言葉を自分の中で探っていきます。

「告白したのは、根拠がないけどなんとなくワンチャン付き合えるかもしれないと思っていた私の浅はかさであって、あなたの現状や気持ちを何も考えていなくて、ただ自分の気持ちを押しつけていただけでごめんなさい」と伝えている自分をイメージしてみます。
そうすると、好きな人は「いや…うん、でも僕も悪いよ」とバツが悪そうに返事してくれそうなイメージが出てきて、私の中のもやもやはまだ消えません。
これは20点ぐらいなので、まだ好きな人の罪悪感を打ち消すには足りないようです。

さらに罪悪感を掘り下げていくと、「私はいつもあなたに好かれたくて一生懸命だったけど、あなたを理解しようとか、あなたを心の底から喜ばせようとしていたのではなく、孔雀の求愛行動のように一方的で、これじゃあ良い関係を長く続けていけるとか、あなたを大切にできる人物だとあなたに思われないよね」と出てきました。
今度はこの言葉を好きな人に伝えている場面をイメージしてみます。
すると、「いや、君は魅力的だよ!ただ僕が君の愛に応えられないのは、そんなに君に好かれているのに、幻滅されそうな気がして自信がないんだ」と言われるような感じがします。
先ほどよりはかなりスッとしましたが、まだもう少し引っ掛かるものがあります。
(知らぬ間にエンプティチェアをやってますね)
うーん、良い線いってるのかなあ?60点ぐらいかもしれません。

まだ80点には足りないので、さらに掘り下げていきます。
次に出てきたのは、「今までの人生で人を傷つけてきてばかりで、過去の恋人ともちっとも上手くいかなかった最低な私が、あたなの彼女になろうとしているだなんて、なんて烏滸がましい。一度も元カレを幸せにしてあげられなかった私は、きっとあなたのこともボロボロにして最悪な別れ方をする」という罪悪感が出てきました。
「おー、これこれ!強烈ね!」と思ったので、さっそくイメージの中の相手に伝えてみます。
すると「それは僕も一緒だよ」と答える相手の姿が浮かんできました。

「相手は私と違うかも…?」と思うと、どんどんもがいて意識的にコントロールしようとしてドツボにハマっていってしまいます。
しかし「この罪悪感は相手のもの」と認めた時に、妙な安心感や一体感を感じることができます。

認めたくないものと向き合うというのは、それまで否認していた感情であるので、なかなか怖いものですが、その深淵をのぞいた時に、自分の顔ではなく相手の顔が見えて「私はあなただったんだ!」と繋がりを感じられるのかもしれません。

片づけメソッド①:安心できる場所をイメージする

前回の【人生改革レッスン】でご要望がありましたので、今回から大嶋信頼先生の【片づけられない自分がいますぐ変わる本】より、数回継続して「片づけレッスン」をやっていきます!

created by Rinker
¥1,400 (2024/06/17 18:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

「片づけレッスン」初回は【安心できる場所をイメージする】です。

想像の世界でも、一度しか行ったことがないばあ書でもどこでも良いので、【安心できる場所をイメージ】してみます。

私の場合は、【安心できる場所】とイメージすると、夕陽の光を反射した淡いピンク色の海と、その海の向こうに沈んでいく大きなオレンジ色の太陽が心の中に浮かんできます。

そして、そこではどんな音がするのか、耳を澄ましてみてください。
すると、寄せては返す穏やかな波の音が、繰り返し繰り返し、耳に届いてきます。

次に、どんな感覚が感じられるのか、自分の体に注目してみます。
そうすると、私の頬や額や腕に、砂浜の細かい粒がピシピシとぶつかってくる感覚や、夕陽の少し熱っぽい感覚を感じることができます。

まもなく夜を迎えそうなだんだんと暗く濃いオレンジ色に染まっていく空と、オレンジ色の太陽の光を反射する淡いピンク色の海、そして海水の冷たさとは真逆の太陽のジリジリした暑さ。
それが私の【安心できる場所】です。

そして、その【安心できる場所】をイメージしながら、左手を軽く握りしめて、その感覚をアンカリングします。

さらに今度は、この【安心できる場所】の感覚を握りしめながら、ちょっと“嫌だな”と感じる場所に行ってみるイメージをしてみます。

私はちょっと“嫌だな”と感じる場所は、牢獄のような、冷たいコンクリートの壁と4畳ぐらいの殺風景な灰色の部屋で、窓には鉄格子がハマっています。
掃除がされていない部屋の隅には埃や汚いものが溜まっているものが見えて、目を背けたくなりました。

そうやって、【安心できる感覚】を握りしめながら、外からその自分を眺めてみます。

すると、「私が居るのはここじゃない!」と気づくのです。

私はちゃんと“あたたか場所”を知っているのに、どうしてそんなに冷たくて寒い場所に突っ立ったまま動こうとしないの?
あなたは望む自分を知っているのに、どうして固まったまま望む場所へと向かおうとしないの?
そんなことを、【安心できる感覚】を握りしめながら感じるのです。

お申し込みはこちらから

下記URLより、【人生改革レッスン】のお申し込みをしていただけます。
※日程によって扱う内容が変わりますので、お間違いのないようご確認ください。

人生改革レッスンの予約 - 福本 菜津子
【概要】心理テクニックや大嶋信頼先生のメソッドを使って、人生を望むものによりよく改革していこう!という趣旨のグループミーティングです。1時間の中で2つ以上の心理テクニックを一緒に実践していきます。①第1回(2/3)は、「ミラクル・クエスチョ...

<お願い>
キャンセルはなるべくお控えいただけると有難いです。

イツメンの皆さまへ

もし、家庭のご事情などで「開始時間早すぎ!」などございましたら、お気軽にご連絡ください。
調整し直します!
(時間は一応、心に聞いて決めました~)

どうぞよろしくお願いします。

また、私が運営しておりますDiscord【無意識の輪】に参加したいご希望の場合は、福本までご連絡くださいませ。
大嶋先生のファンの方の交流サイトのようなものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました